まんぷく太郎の冒険

まんぷく太郎が、まんぷくになるために冒険します。

蒸し鶏と夏野菜のラー油あえ

鶏肉を蒸すor焼いてほぐす。ミョウガ、シソ、キュウリなどの夏野菜を刻んで、食べるラー油とあえれば完成〜食欲のない日のお昼ゴハンなら、白ゴハンにかけて。夜はお酒のおつまみ。あ〜、今日もまんぷく、まんぷく。

アスパラの生ハム巻き

しっかりと太さのあるアスパラを数分、固めに茹でて生ハムをクルクルとアスパラさんに巻きつけて、オリーブオイルで生ハムがカリカリになるまで焼けば食べ応えのあるおつまみの完成。あ〜今日もまんぷく、まんぷく。

焼肉のサッパリダレ

お外で食べる焼肉も美味しいけど、家のホットプレートでジュージュー焼く幸せって、あるよね。脂っぽいお肉には、サッパリしたタレを合わせたい。ポン酢に、擦ったリンゴ・玉ねぎ・ダイコンそれにチューブニンニク。リンゴの甘みがまろやかな、絶品サッパリ…

カニと大根の鍋

毛ガニをまるごと1杯使うお鍋。白味噌を、昆布と酒とみりんで下味をつけたスープにたっぷりといて、鷹の爪を一本。そこに、毛ガニを丸ごとと、薄めに半月切りにした大根を投入。グツグツ煮えたら、バターを溶かして出来上がり。カニのスープとバターのコク…

鶏肉とレンコンのカレー

シャクシャクれんこん。まぁるい穴がいくつもあいてて、向こうが見える。おもしろい。玉ねぎレンコン鶏肉生姜・ニンニクカレー粉フレークウスターソースケチャップレンコンを一センチ角に切る。生姜ニンニク、玉ねぎを飴色になるまで炒めたら、レンコンを入…

自家製のブタ丼

その昔、とある事情で日本中の”ギュウ丼”が”ブタ丼”になったことがあったんだって。ぶた肉をさっと火を通して、その油で玉ねぎがしんなり、甘くなるまで炒める。すき焼きのたれとお鍋用のトリスープで味を整えグツッと煮込んで、生姜をお好みで。あつあつの…

お揚げの納豆包み焼き

納豆が好きな赤ちゃんって多いよね?なんでだろう?まんぷく太郎は、納豆を食べたことがまだないんだって。お揚げを半分に切って、辛子とお出汁で味付けした納豆を中に入れて、つまようじで口を留めます。サラダ油で表面をカリッと焼いたら、はい、出来上が…

パクチーと春菊のサラダ

パクチーってさ、好きっていう人と、嫌いっていう人と、どっちが多いのかな?やわらかい葉っぱの春菊が手に入ったら、パクチーごま塩キャベツのうまたれごま油で、さっと和える。クセのある春菊とクセのあるパクチーが見事に仲良くなるよ。春菊って、おいし…

アボガドと海老のもんじゃ

もんじゃ焼き。不思議な食べもの。小麦粉を水で溶いただけの生地に、味付けと具を工夫するだけで変幻自在の味わいに。まんぷく太郎はある日、スーパーで「アボガド」なる実を手に入れた。これって、甘いの?しょっぱいの?皮に切れ目を入れてぐるっとむいて…

まんぷく太郎の冒険が始まる

まんぷく太郎は、生まれて間もない。いままではお母さんのおっぱいを飲んでまんぷくになっていたけれど、そろそろ、世の中のおいしい食べものが気になるお年ごろ。お父さんが笑顔でモグモグしてるものはなんだろう?艶々している、あのお皿には何が載ってい…